Ashitan.jp

Ashitan.jp

Ashitan.jpはもう利用できません。 代わりにashikaga.ac.jpをお試しください。

日本の大学について

こちらでは日本の大学制度について説明します。

日本の高等教育は、大きく4つに分けられます。 専修学校の専門課程(専門学校)、短期大学、高等専門学校(高専)大学の学部、大学院(修士課程、 博士課程、専門職学位課程)の4つです。

めちゃシコカジノ スタッフのいるヨーロッパでは短大、専門学校、大学があります。

このサイトでは、主に大学の学部についてご紹介します。

大学の目的は、学校教育法第83条によると、「学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させること」です。

通常4年制ですが、薬学部では6年制を採用するなど、学部によっては例外もあります。何らかの事情で休学や留年をする場合、4年より多く在学することも認められています(規定は大学によって様々です)。

大学受験

大学に入学を希望する場合、入学試験を受験する必要があります。

受験する試験の種類は、全国一律で行われるセンター試験と、各大学が出題する個別試験の2つがあります。センター試験は全てマークシート方式、個別試験はマークシート、筆記、小論文など様々な形式があります。

受験方法は国公立大学と私立大学で大きく異なります。

国公立大学の場合、センター試験の受験は必須です。センター試験の後に2次試験として大学の個別試験を受験します。

私立大学の場合、「センター専願」というセンター試験の点数のみで合否を判断する方法、または個別試験を受けてその点数で合否を判断する方法があります。

国公立・私立どちらも、高校から推薦してもらう推薦入試、内申書・面接・小論文などにより出願者の個性・適性について評価を行うAO入試という方式を一部採用している大学もあります。